あそびたりないんでしょ??
by hazakura-hk
<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
記憶
記憶は、頭の置く深くだったり、浅いところにしまってある。
それらは色んなきっかけで引き出しの中からふっと、現れる。

そんな経験、皆さんもありますよねー?

きっかけ、ひきだしをあける鍵は色んな種類があって、
それは場所だったり、風景だったり、音だったり、匂いだったり。

たとえば、季節の到来を風の香りで感じ取ったり。
ある曲を聴いて、当時のワンシーンを思い出したり。
街中で香る香水の香りとか。

いろいろ、ほんと色んな鍵で、突然、ひきだしが開くことがあると思う。
それが思い出したいものであれ、思い出したくないものであれ。
[PR]
by hazakura-hk | 2005-10-31 06:19 | 思うコトゴト
ぶらんこ乗り
「わたしたちはずっと手をにぎっていることはできませんのね」

「ぶらんこのりだからな」

だんなさんはからだをしならせながらいった。

「ずっとゆれているのがうんめいさ。けどどうだい、すこしだけでもこうして」

と手をにぎり、またはなれながら、

「おたがいにいのちがけで手をつなげるのは、ほかでもない、すてきなこととおもうんだよ」



********************************



このごろ、ずっと本を読んでなかった。
夏の間に本を買うと、課題をもっとしなくなると思って、自粛してたりしたおかげ。
んで、学校に来るようになると、やっぱり本が読みたくなる。
ほんとは自家用試験対策の本とか、機体係についての本、マニュアル、気象の本とか、
色々”読まなきゃいけない”本がいっぱいあるのだけれども。
やっぱり、物語が好きだから、しょーがない。
というわけで買ったのが

「ぶらんこ乗り」  いしい しんじ 著

「ねじまき鳥クロニクル 第一部 泥棒かささぎ編」 村上 春樹 著

の2冊。
村上春樹の不思議世界のはいった長編は羊をめぐる冒険から好きになって、
まだ読んでない代表作の中から ねじまき鳥 をチョイス。
前々から読もうと思ってた本だったし、いかにも村上春樹っぽい匂いがぷんぷんする題名。
これは今読み途中。

次に「ぶらんこ乗り」だけど、この作品は手に取るまで、まるで知らなかった。
ling-muのところで取り上げられてるのは見たことがあっただけで、まだ読んだことがない
ものだった。表紙と著者のひらがなからして優しい童謡チックなものかなー、と思って、
最初のほうをちょっと立ち読みしてみる。


んー、よく見えないけど、とりあえずそのままレジへいき、2冊を購入。
んで、ねじまき鳥を最初先に読むのもいやだったから、さっそくぶらんこ乗りを読む。

(この先ネタバレ含みます)



********************************




書き方はずーっと、主人公である”姉”の目から見た視点で書かれる。
主な登場人物は優しい額縁づくりの父と、少し抜けてる絵描きの母親、厳しい祖母、
そして自分と利発な弟、そして”指の音”。
物語は弟が残した一冊ノートが見つかるところから始まり、
そのノートをめくるとともに、振り返る記憶、回想がずっと続いていく。
文章の書き方やひらがなの文字、そして中心にある家族というもの のため、
温かい、普通の空気が流れてる序盤。
しかし、ある日の事件を境に見えてくる登場人物たちの心の中。
温かいこと、冷たいこと、優しいこと、厳しいこと、強いこと、弱いとこ、綺麗なとこ、醜いとこ。
その動きが、姉の視点を通し、(もちろん自分の心の中を含め)つづられていく中盤。
また戻った平穏な流れに、降りかかるもう一つの事件、終盤の始まり。


結末はやっぱり手にとって、実際に読んでみて欲しい。
この本は難しい文句をこねくりまわしたりも、心象描写とか、風景描写を緻密に書いて
読者に楽しませたりするものじゃなくて、
読んで、直感的に”感じ取って欲しい”作品。ストレートに、自分の中に響くようなかんじ。


温かな優しさがあって、容赦ない厳しさがあって、負けない強さがあって、くじける弱さがある。

でも、最後にはきっと温かい気持ちで本を閉じることが出来ると思います。

なんか、今の僕には”薬”みたいな本でした。 オススメです。


この本を読むきっかけをくれたling-muに多謝m(__)m
[PR]
by hazakura-hk | 2005-10-16 19:35 | 本について
ことば。
こころに、ぐっと訴えるもの、

響くものに出会ったときに

自然と、涙は流れるみたいです。
[PR]
by hazakura-hk | 2005-10-06 02:38 | 思うコトゴト


カテゴリ
全体
空について
photoz
本について
思うコトゴト
EDGE
未分類

以前の記事
2010年 07月
2009年 12月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

フォロー中のブログ
いつか、きりんを見にいこう
ハブアタック
うみのあお
たこ焼き食べたい
トランスポーター
キャッツニャイ・にゃー
WUAC MAINTEN...
見栄っぱりは旅をする

メモ帳
-----------------------------------

When you look up at the sky at night,
since I'll be living on one of them,
since I'll be laughing on one of them,
for you it'll be as if all the stars are laughing.
You'll have stars that can laugh!

-----------------------------------
Link

空という名の欲望


写真ゾンビ

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧